ごはんジャパン 本格パエリア 結城優シェフ

2020年7月25日放映の「ごはんジャパン」でパエリアの作り方について紹介されました!

教えてくださったのは、『アノカド(anocado restaurante+)』オーナーシェフ結城優さんです。

結城優さんは、国際パエリアコンクールの国際部門で優勝したことがある、パエリア職人。

 

今回は、旬の海鮮を用いながら、フライパンで作れる本格パエリアを伝授してくださいます。

パエリアにぴったりなお米を選ぶコツ、分量、食材を入れるタイミングなども必見ですよ!

パエリアのレシピ

パエリアの材料

  • 鶏もも肉
  • コンソメスープ:580ml
  • 野菜ジュース:20ml
  • ムール貝:5〜6コ
  • エビ:4〜5尾
  • ゆでダコ(足の部分を一口サイズに切る):1パックくらい
  • アサリ:15コくらい
  • アスパラ:2本
  • 赤パプリカ:1/2コ
  • トマト:2コ
  • ナス:2本
  • パプリカ粉
  • サフラン
  • 米:1合(150g)
  • オリーブオイル:600ml(大さじ4)
  • にんにく
  • ベーコン

パエリアの作り方

1)フライパンにオリーブオイル(60ml・大さじ4)入れます

*オリーブオイルは、お米1合に対し、60ml(大さじ4)

2)中火で鶏肉から炒めていく、その後ムール貝→エビ(殻ごと)→あさりと順次魚介を入れていきます

*鶏肉と魚介を中火で一緒に炒めて、うま味と香ばしさをオイルに移します

3)魚介を1回皿に取り出します(鶏肉はそのまま)

4)魚介を取り出したら、ナス、アスパラ(半分に切る)、パプリカなどの野菜を鶏と一緒に炒めます

5)アスパラの穂先部分のほうを、1分くらい炒めたら取り出します

*アスパラのシャキシャキ感を残すためです

6)玉ねぎとピーマンをみじん切りにして入れます(粗みじんでOK)

7)弱火にして、にんにく、ベーコンを細かく刻んだものを入れます

Rune
野菜は焦がさないよう弱火でゆっくり炒めて野菜の甘みを引き出します

8)パプリカ粉を入れます

*うま味がUP!パプリカ粉は焦げやすいので、弱火で丁寧に

9)鶏肉に火が通ったことを確認して、鶏肉を半分取り出します

10)お米を入れて(とがない)、弱火で焦がさないように3分炒めて火を止めます

Rune
お米の中に良質なスープを入れるため、水分がない状態でお米を入れます
お米を研ぐと失敗のもとです!

11)小鍋にコンソメスープ(580ml)、野菜ジュース(20ml)、サフラン(少々)を入れて温めます

12) 取り出したエビの殻をむいて、貝類の半分の身を取り出します

13)12の魚介、取り出した鶏肉をみじん切りにします

14)13のみじん切りにした鶏肉、魚介をフライパンに戻します

15)フライパンに火をつけ(強火)、11の温まったスープを入れてかきまぜながらお米にスープを限界まで吸わせます

Rune
スープはお米の4倍必要です(1合なら600ml)

11)沸騰したら弱火で5分→中火で5分火を通します

★フライパンのフタをしないことがポイントです!

Rune
フライパンのフタをすると蒸気が逃げずにお米が余計な水分を吸ってしまい、
歯ごたえがなくなってしまうんです

11)沸騰したら弱火で5分→中火で5分火を通します

12)弱火に戻して、スープがなくなるまで炊き上げます(10〜15分)

13)ゆでタコ、取り除いていたアスパラ、エビ、アサリ、などを、立体的に丁寧に盛りつけます

14)仕上げにフライパンをずらして、均一に火を入れて「おこげ」を作ります

Rune
家庭用のガスの火は、どうしてもフライパン全体に火があたらないのでずらしが必要です

おこげができたら、できあがりですっ!

 

カンタン!本格パエリアの作り方のまとめ

結城優さんのレシピによる、家庭でも作れる「本格パエリア」についてまとめました。

旬の海鮮、野菜のうまみを全部吸った味つけがやさしくて、おこげの香ばしさも食欲をそそります!

ポイントさえおさえれば、フライパンだけでも本格的な仕上がりになります。

是非、あなたも作ってみてくださいね!

おすすめの記事