結婚式では花嫁さんが主役です。

お姫様になれるとっておきの日です!

なので、準備は後悔のないようにしておきたいものです。

 

さて、結婚式の準備を振り返りますと、一番楽しかったのがドレスの試着でした。

色んなドレスを目の前にすると本当にトキメキますし、ワクワクします!!

 

しかし、試着をしていくなかで、

何をどうすればいいのかさっぱり分からないという方が、ほとんどだと思います。

 

事前準備は必要なの?

持っていくものは?

何回くらい試着できるの?

 

など、疑問だらけではないでしょうか。

 

ここでは、そんな疑問を1つずつ解決していきましょう。ウェディングドレス試着時はここに注意!下準備と当日の行動について

ウエディングドレスを試着できるお店選び

ドレスショップは、

結婚式場が提携しているお店と、自分で選んでドレスを持ち込む場合とがあります。

 

自分で探す場合は、

ドレスの持ち込み料がかかる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

ドレス試着の予約日を決め下準備!当日持参すべきものは?

結婚式の日取りとドレスショップが決まったら、試着の予約をしましょう。

 

試着は、平均で3~4回くらいに分けてするものです。

結婚式当日までの期間を逆算し、計画的に予約しましょう。

 

あまり早すぎても体型の変化があったり好みや流行が変わる場合もあるので、その点もしっかり考慮するといいと思います。

ドレスの試着日に持っていくものは?

・ストッキング

ドレスだけではなく、ヒールも含めてトータルコーディネートをしますので、肌色のストッキングを持っていきましょう。

ネックレス、イヤリング

アクセサリー類は、ドレスに合わせてレンタルする人が多いと思いますが、

当日付けたいアクセサリーがある場合は、試着する時に持って行くとコーディネートのイメージがしやすいです。

デジタルカメラ

試着した姿を撮影して、家で確認する時に便利です。

もちろんスマートフォンでも大丈夫です。

ブライダルインナー

これは、持っていない人は慌てて買いに行かなくてもよさそうです。

試着の段階では貸してくれるドレスショップがほとんどなので、挙式当日までに買いに行くぐらいで大丈夫です。ウェディングドレス試着時はここに注意!下準備と当日の行動について

 試着当日の流れと試着時にチェックすべき点

試着時間はだいだい2時間くらいです。

3〜4回の試着の流れは、

1回目はウェディングドレス、

2回目は色ドレス、

3回目は小物を決めて、

4回目に全ての確認

ということがようです。

 

初めて行く日には、調査シートにパーソナルデータを記入した上で、始めに簡単なカウンセリングを受けます。

シートに記載する内容の中で、「予算」はとても大事な項目なので、

試着に行く前にはパートナーとしっかり相談しておきましょう。

 

カウンセリングが終わると、ドレス選びです。

たくさんのドレスの中から色や形、予算などを考慮し何着か選びます。

 

好きなだけ試着させてくれる所も、試着できる数が決まっている所もあります。

ドレスの形は、Aライン・プリンセスライン・エンパイアライン・マーメイドライン・

スレンダーラインなどさまざまあり、これらを前にすると、迷ってしまい時間がかかってしまう場合が多いので、予め着たいドレスのデザインや雰囲気を決めておくといいと思います。

 

デザインのほかにも、自分の体型に合っているか、自分の雰囲気に合っているか、レースのデザインや色、素材など確認する所は意外とたくさんあります。ウェディングドレス試着時はここに注意!下準備と当日の行動について

試着当日のメイク・ムダ毛処理・髪型について

当日は、店員さんにインナー姿を見せる事になります。

ムダ毛はしっかり処理するのがマナーです。

 

髪型は、ショートヘアーの人はそのままでいいですが、

まとめられるくらいの長さの人は軽くアップにしておくと、

ドレスを着たときに当日のイメージがしやすいです。

店員さんがさっとまとめてくれますが、時短も考え、予め自分でやっておくとスムーズです。

 

結婚式当日はメークが濃い場合がほとんどです。

写真映りやドレスに負けないようにしっかりメークをします。

なので、普段メークが薄い人はいつもより濃いめにしていきましょう。

まとめ

ウエディングドレスの試着は事前準備が大切です。

なりたい花嫁のイメージをしっかり持って、試着に臨みましょう。

 

また、持参品は忘れないよう、必ずチェックしてから行くようにしてくださいね。

 

ドレス選び・・・とっても楽しみですね♪

運命の一着に出会えるといいですね!