牛乳パック栽培園芸

2020年7月19日放送の健康カプセル!ゲンキの時間牛乳パック栽培のやり方について紹介されていました!

教えてくださったのは、園芸家の深町貴子さんです。

牛乳パック栽培

ステイホームなどで脚光を浴びている「家庭菜園」。

お庭やプランターがなくても、牛乳パックを活用すれば、にんじん、かぶなどさまざまな野菜を育てることができちゃうのです!

牛乳パック栽培の効果の理由

家庭菜園をすることによって、運動不足の解消やストレス解消はもちろん、
うつ病予防にもなるそうです!

家庭菜園が運動不足解消やストレス解消、うつ病予防になる医学的にも注目されていると言うお話です。

牛乳パック栽培のやり方

1)牛乳パックの口をホチキスで留める(2ヶ所)
2)牛乳パックの端から1cm内側にペンで印をつける(4辺なので、4ヶ所印をつける)
3)印を直線でつないで、長方形をつくる
4)直線にそってカッターで切る →長方形の穴が開く
5)切り離した長方形に端から1cmのところに直線を引く
6)直線上に、2cm間隔で印をつける
7)牛乳パックの長方形の穴をあけた面のとなりに6)で印をつけた長方形を重ねる
8)6)でつけた印を目印にして、牛乳パックにペン先を使って、5mmくらいの穴を開ける
9)反対側の面(長方形の穴があいたもう片方の隣の面)にも同様に2cm間隔で約5mmの穴をあける
10)牛乳パックをトレーの中に入れる
11)牛乳パックの中に水を入れて、穴から水を抜く
*保水性UPになる。土を入れる前にやること
12)牛乳パックを縦向きにして上のほうに2ヶ所穴をあける(水抜きになる)
13)野菜用培養土をめいっぱい入れる(牛乳パックぎりぎりまで)
14)好きな種をまきます!

★にんじんのように長さがある野菜を育てたい場合は、牛乳パックを縦にして使うとよいそうですよー!

こちらの動画を見ると、より具体的でわかりやすいと思います!

まとめ

牛乳パックを使って野菜栽培ができるなんて、素晴らしいアイディアですよね!

栽培と牛乳パックのリサイクルで一石二鳥!!

培養土も100均に行けば、プランターサイズよりも牛乳パックにぴったりの小さい袋入りのものがそろっていますよ!

準備がめちゃくちゃ簡単ですから、かなりおすすめです!!

おすすめの記事