仕事中に襲われる睡魔。

とても辛いですよね。

ダメだと分かっていてもいつも間にか目が閉じていく…

仕事どころではありません。

お昼休みの後なんて眠くてしょうがないですね。

お腹いっぱい食べた後は眠りたいのは仕方がありません。

そこで、このページでは、毎日襲い来る睡魔悩んでいる方に、

座ったままできる眠気覚ましや眠気に効果的なツボなどご紹介していきたいと思います。

少しでも手助けになりますように。

上司・同僚に気づかれずに眠気を覚ます方法とは?

眠いのを上司に知られてしまっては、かなりまずい。

願わくば、同僚にも知られたくありませんよね。

でも大丈夫!

座ったままでも、気づかれずに眠気を覚ます方法はあるんです。

上司・同僚に気づかれずに眠気を覚ます方法:その1ストレッチ

座ったままできるストレッチです。

ストレッチ運動で血の巡りを良くし、酸素を行きわたらせ脳を活性化する効果が期待できます。

手首ぶらぶら

肘を曲げて腕の力を抜き手をぶらぶらさせるだけです。

手首の血流が良くなります。

肩甲骨を寄せて肩こり改善

デスクワークはどうしても肩がこりますので血流が悪くなってしまいます。

背筋を伸ばし肩甲骨をゆっくり寄せて戻すというストレッチだけで、かなり肩こりが改善されます。

アキレス腱を伸ばす

つま先を伸ばして引き戻してのストレッチです。

アキレス腱が伸ばされるのでむくみにも効果があります。

上司・同僚に気づかれずに眠気を覚ます方法:その2ツボ

眠気覚ましに効果のあるツボです。

ツボを押すときはゆっくり押してゆっくり離すようにしましょう。

勢い良く押しても効果はあまり期待できませんので注意して下さい。

風池(ふうち)

うなじの生え際あたりに位置するツボです。

窪んでいるので分かりやすいと思います。脳の血流を良くします。

中衝(ちゅうしょう)

中指の爪の生え際から少し離れた場所にあるツボです。第一関節の
すぐ上あたりにあります。中指の左右側を、もう片方の手の親指と中指で強めに挟むように押してみてください。

百会(ひゃくえ)

頭のてっぺんにあるツボです。耳と耳の延長線上、鼻の延長線上の
交わる所にあります。利き手の中指をもう片方の中指の上に置き
利き手の中指に力を入れるように圧を加えると上手にできます。
目がシャキっとしますよ。

そのほかにできる眠気覚まし方法

誰かと話す

話す事で脳を別の意識に変えられるのでこれも効果的です。

あまり長話したり集中している人に話しかけるなどは迷惑になりますのでご注意を。

目薬を点す

スーっとする目薬を常に机の中に入れておきましょう。

目が凝っていると血流が悪くなるので、目を疲れさせないようにする事も大切です。

痛覚を刺激する

痛いと思う所を刺激すると脳が活性化します。

しかしあまりにもやりすぎると、アザになったり変な目で見られる可能性があるのでほどほどに。

ミントタブレットやガムを食べる

何かを口に入れていると常に舌が動き意識を口に持っていけます。

頭がボーっとしてきたらとりあえず何か口に入れてみましょう。

フリスクなどのスーっとするタブレットもおすすめです。

辛さで眠気を吹き飛ばしましょう。

息を止める

息を止めても眠気覚ましになります。

限界まで息を止め、そのあとは深呼吸して酸素をたくさん吸い込んでくださいね。

立って行う眠気覚まし

外気に当たり深呼吸、または伸びをする

外の空気を吸うだけでも気分転換になりますが、深呼吸をしたり大きく伸びをすると更に効果的です。

冷水で顔を洗う、手を洗う

冷水という所がポイントです。

冷水は自律神経を興奮させますので冷水で顔や手を洗うと一気に目が覚めます。

ただ女性の場合顔を洗うのが難しいのが難点ですね。

立って何かをする

お茶を淹れに行ったりトイレに行ったりするだけでいいです。

立つ事に意味があります。

首を冷やす

冷たいタオルでも保冷剤でもなんでもいいので首の後ろに当てましょう。

かなり冷たいくらいがおすすめです。

眠気が簡単に吹き飛びます。

カフェインで眠気を覚ます時に注意すべきこと

眠い時にはカフェインを摂ると効くのは皆さんご存知ですね。

カフェインには、集中力をアップさせたり目を覚ましたりする効果があります。

 

しかし気を付けてほしい事もあります。

 

1日に摂取してもいいカフェインの量は400mgです。

コーヒーに置き換えるとコップ5~6杯くらいです。

それ以上飲むとカフェイン中毒になり、さまざまな支障をきたします。

急性中毒になると不整脈や動機、呼吸困難、胃痛、嘔吐、精神錯乱、感覚過敏、歩行困難などをひきおこします。

慢性中毒になると睡眠障害や興奮、神経過敏などをひきおこします。

コーヒーはリラックス効果があり休憩の度に飲みたくなる物ですが、飲みすぎはいけません。

何でも「ほどほどに」が1番ですね。

コーヒーを飲むタイミングも仕事をする上では重要になってきます。

コーヒーは飲んで約30分後に効果が出始め6時間~7時間くらい効果が持続します。

そのため、眠くなりそうな時間を見計らって30分前に飲む事をおすすめします。

朝の出勤前やお昼休憩に飲むのが理想ですね。

・コーヒー以外にカフェインが入っている飲み物
・緑茶
・ウーロン茶
・抹茶
・紅茶
・ココア
・コーラ
・栄養ドリンク など

まとめ

眠気を覚ます方法は意外とたくさんあり、どれも簡単で実践しやすいものばかりです。

自分に合った方法を見つけ、眠気を吹き飛ばしてくださいね!

 

カフェインには適切な摂取量以上摂取してしまうと中毒症状が出るので、一日の摂取量を必ず守るようにしてください。

 

眠気を覚ます方法はいくつもありますが、なによりも大事なのは自分の身体です。

 

「休ませて」という身体からのサインなので、しっかり身体を休ませてあげましょう。

眠くてどうしても仕事にならない場合は、思い切って睡眠を取ることも大切ですよ。