毎年寒い季節になってくると、静電気で髪の毛が広がってもう大変!!

 

一生懸命抑えてもすぐに元通りで、そのままにしておくと髪の痛みの原因にもなります。

 

ここでは、髪の毛の静電気の原因と静電気を抑えるための便利アイテムの使用方法について書きたいと思います。

そもそも髪の毛の静電気が起こる原因って?

髪の毛の静電気を抑えるそもそも、髪の毛に静電気がおこってしまう原因とは、

  • 空気が乾燥している
  • 体内が水分不足になっている
  • 髪の毛が乾燥している

ということなのです。

特に寒い季節は空気が乾燥しているので、どんどん体内に静電気がたまり、

どうしても静電気が起こってしまうのです。

なので、髪の毛の静電気を抑えるアイテムを効果的に使ってなんとか改善していきましょう!

髪の毛の静電気を抑える5アイテムと活用方法

 では、髪の毛の静電気を抑えるための5アイテムとその使用方法をご紹介したいと思います!髪の毛の静電気を抑える方法

1、シャンプー選びに気をつける

いつも皆さんはどんなシャンプーを使っていますか??

お店にいくと、ノンシリコンやノンアルコールをウリにしているシャンプーなんか目立ちますよね。

 

静電気の原因である乾燥を防ぐのにオススメなのは、

アミノ酸が入っているタイプのものです。

アミノ酸シャンプーは、しっかりと髪の汚れを落としつつも、しっかり潤いを守ってくれて、頭皮を優しく使うことができます。

 

そして、なんと「帯電防止剤」が主成分のものがあるんです。

 

「帯電防止剤」なんて、静電気を抑えるものとしてはかなり期待してしまう成分ですね。

これはベタインという、保湿系成分が含まれた天然の両面活性剤が入っているんです!!

 

アミノ酸は、多くのブランドのシャンプーに入っているので、自分に適したものを探してみてくださいね!

2、トリートメントを使う

髪の乾燥した状態というのは、キューティクルがはがれ

髪内部の水分が放出しっぱなしになっていることをいいます。

 

つまり、髪の潤いを維持できていないので静電気が生じやすくなってしまうんです!

 

なので、これを防ぐために、

髪の内部まで潤いをとどけてくれるトリートメントがオススメです!

 

トリートメントは、洗い流さないモノの方が効果あるといわれています。

お家でお風呂上がりに使えるものから、外出中にも使うことができる持ち運びしやすいサイズのものもありますので、ドラッグストアやスーパーなどで是非チェックしてみてください。

3、つげ櫛でとかす

つげ櫛はツゲでできた櫛を椿オイルなどの物性の油をしみ込ませて使うものです。

 

ほかの櫛に比べて、静電気を360倍抑えることが出来るのでかなり優秀です!!

 

ただ、削りや木の品質、持ちの良さ、つなぎ目の有無などの差で

値段の振り幅がかなり大きくなります。

自分の予算に合わせて選んでみるのもいいですね。

4、マイナスイオンドライヤーで乾かす

マイナスイオンが髪の毛の表面をコーティングして、髪の内側に水分を閉じこめてくれます。

おかげで、しっとりとした静電気の起こりづらい髪にしてくれるのです。

 

なお、ドライヤーは、かける時間が少なくて済むような低温の大風量のものがオススメですよ。

5、水素水をスプレーする

水素水を直接髪の毛にスプレーするのがオススメです。

スプレーをしたあとに頭皮をマッサージしてあげるとさらに効果的ですよ。

お出かけ前や、お風呂上がりに是非お試しください。髪の毛の静電気を抑える方法・ミスト

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここでは、髪の毛に静電気が起こる原因と静電気を抑えるためのアイテムを効果的に活用する方法について書いてきました。

私は、髪の毛が長くて静電気で痛みやすく毎年毎年たいへんな事になってしまうので、

このページに書いたことをしっかりと実践していきたいと思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。