グッスリ眠れないと、日中頭がボーっとしてしまいますよね。

 

「くう・ねる・あそぶ」は、糸井重里さんのコピーですが、

これらは健康であることを上手く表現した、バロメーターですよね。

 

何事もバランスが大切ですが、

私が最も重視しているのは、「寝ること」です。

 

理由は簡単です。

ちゃんと寝ないと、1日の効率、能率が悪くなるからです。

パフォーマンスが低下した状態のままでいたくはありません。

 

頭は常に回転良く働き、クリアな状態に保っておけるよう、十分な睡眠を心がけたいものです。

 

最近話題の「睡眠負債」というキーワードにおいても、

睡眠不足は健康を害するとともに、生活の質も低下させるリスクが指摘されています。

 

ドラえもんののび太のように、

0.93秒(初期設定では3秒)で寝付くことができ、

何にも妨げられない睡眠であれば、理想的ですよね。

 

というか、のび太の場合は、それがすでに高度なスキルなわけですけど…。

睡眠中唾液でむせてしまう!それって何かの合図かも?

睡眠中にむせることってありませんか?

私は、睡眠中に急にむせ出して、目が覚めてしまうことがあり、困っています。

睡眠中にむせるのは危険信号!?

いろいろ調べてみると、睡眠中にむせたり、咳き込んだりする病気はいくつかありました。

代表的な病気では、睡眠時無呼吸症候群が挙げられます。

 

またあまり知られていませんが、後鼻漏(こうびろう)といい、

鼻水がのどに流れ込んでしまう症状もあります。

初めて聞いた病名ですが、

主に鼻の機能に問題があるとされています。

(ちなみに私は多分これだと思います)

 

中でも特に、

睡眠時に唾液でむせてしまう病気は、「嚥下障害」に分類されます。

(※「嚥下(えんげ)」とは、食べ物を飲み込む動作を言います)

 

平たく言うと、唾が上手く飲み込めずに、

気管に入ってむせてしまう病気です。

 

症状がひどくなると、誤嚥性肺炎の引き金になることもあります。

 

原因として、嚥下運動をコントロールする神経系の異常や

口腔内の炎症、入れ歯の不具合、精神不安等が考えられますが、

最も多い原因は、脳血管障害であると言われています。

 

このように脳の病気の予兆の可能性もありますので、

気になるようであれば、早めに医療機関を受診することをお勧めします!

もう苦しまないで!簡単にできる「むせ」の予防法

例えば、仰向けで問題なく寝られている時は、

口の中に貯まる唾液を無意識に飲み込めているときです(嚥下反射)。

 

これが誤って唾液が気管に入ってしまうと、

「むせ」や「咳込み」等の反射がリカバリー運動としてあらわれるのです。

 

ということは、理屈上は唾液が気管に入るのを防ぐことができれば、

症状は軽減できるということです。

 

ここで少し身体の作りについて勉強しましょう。

 

みなさんは、胃につながる食道の入り口は2つあるって知ってますか?

これらは肺につながる気管を挟むように、左右に別れて配置されています。

スポンサーリンク

(★実はこの食道の入り口が2つあることが、症状緩和策へのミソなんです!)

 

唾液はもともと気管の周りに貯まる構造で、

唾液が上手に飲み込めない時は、すぐ側の気管に入りやすくなっているのです。

 

仰向けで寝ている時は、先の構造上から見て、

唾液貯まりから気管へのダイレクト感が増すことになります。

睡眠中にむせるのは危険信号!?
▲仰向けに寝るとむせやすい

勘の良い方はすでにお気づきかも知れませんが、

ここまでの話をまとめると、

 

寝ている時の「姿勢」に症状緩和のヒントがありそうです。

先述のように仰向けで寝る姿勢は、唾液が気管へより入り込みやすい状況を作ってしまっていました。

 

ではどうするか?

 

食道の入り口は2箇所でしたね。

仰向けから姿勢を変えることで、

唾液→食道(胃)のルートを確保する姿勢を考えれば良いのです。

 

それは横向で寝る方法なのです。

横向きに寝ることで、気管の下に位置する食道へ唾液が流れることになり、

むせにくくなるのです。

睡眠中にむせるのは危険信号!?

ところで、この横向きで寝るという姿勢って何かに似ていませんか?

 

みなさんが救急法で習ったことのある「回復体位」とほぼ同じです。

 

この体位では気道確保しつつ、安静を保つ目的で用いられます。

こんなところで救急法がリンクするとは!って感じですね。

 

やはり長年培われてきた方法というのは、

汎用性があるものだな、と改めて感じました。

 

ただ、横向きで寝たとしても、口が天井を向いてしまうのは好ましくないです。

姿勢が仰向けに近づき、むせの原因になります。

 

背にタオルやクッション等を挟んで、口が斜め下を向くように角度を調整してみてくださいね!

まとめ

1.睡眠中の嚥下障害は、「脳の病気」の合図の可能性もある

 

2.「横向き」で寝ることが、むせの緩和につながる

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。