今から年末の大掃除を考えると頭が痛いという方、結構いるかもしれません。

中でも窓掃除は汚いし、手を付けたくない箇所ですよね。

マンションの高層階の窓の外側は手が届かないし、いったいどうすればいいのか悩みどころです。

そこで今回は窓拭きについて調べてみたのでご紹介します。

実は窓掃除には新聞紙がいいんです!

皆さん知っていますか?

床掃除などには、新聞紙がいいという情報を耳にしたことがある方もいると思いますが、

窓掃除にも新聞紙がいいんですよ!

 

新聞紙は繊維が細かいので、汚れが落としやすいんです。

新聞紙は触るとわかるのですが、

毛羽立っているような感じなのは、繊維が細かいからなのです。

 

更にインクが艶出しに効果があるって知っていましたか?

 

しかも余計な費用がかからないので、家計にはとっても優しいんですよ。

古紙回収の前には、窓ガラスの掃除用として全部回収に出さずにある程度確保しておきましょう。

 

新聞紙を購読していない方は、たまにサービスで入ってくる新聞紙は捨てずに保管しておきましょう。

また、駅売りのスポーツ新聞でもいいので、確保しておくといいでしょう。

窓を新聞紙で簡単&きれいに掃除する方法

新聞紙での窓掃除で準備するもの

①新聞紙

②水を入れたバケツ

この2つだけで掃除が簡単になります。

服装は、汚れても良いものを着ましょう。

手が汚れたり、荒れたりする人はゴム手袋をすると良いでしょう。

新聞紙での窓掃除に適した日

お掃除日和は、曇っている日です。

 

晴れた日より湿気の多い曇りの日は、より汚れが落ちやすいのですよ。

 

梅雨時期の湿気が多い時期は、窓ガラス掃除に適した気候と言えますね。

「なんだか雨が降りそう!」「ムシムシしている!」=そうだ!窓拭き掃除しようです(笑)

新聞紙での窓掃除の方法

①新聞紙を必要な大きさに切り、掃除しやすいサイズに丸くしボールみたいにします。

※あらかじめ何個か作り置きしておくのもいいでしょう。

窓の外側からふいてみましょう。

③先ほど作成した新聞紙ボールを用いて窓をぬらしておきます。

④そのボールを上下に横にずらしながら拭いてきます。

※頑固な汚れは、同じ作業を落ちるまで繰り返しましょう。

それでも落ちない場合の掃除方法は?

頑固な汚れは、中性洗剤を用いると落ちやすくなります。

①バケツに少しの中性洗剤を入れて、その中に新聞紙をつけておきます。

 ※中性洗剤がしみこんだ新聞紙をしばらくの間窓に貼りつけておくと、きれいに落ちます。

このとき乾いてしまわないように注意してください。

②最後は汚れのところを新聞紙で拭き取りましょう。

窓掃除で手が届かない場所を掃除する方法

では、本題です。

手が届かない所はいったいどうしたらよいでしょうか?

 

手が届くように台の上に乗って拭いたりするのも限界がありますよね?

そもそもマンションでは無理ですよね。

 

クイックワイパーはご存知ですか?

ふわふわしたのを柄につけて埃を掃除するあれです。

 

そのクイックルワイパーの柄と、

100円ショップにあるスポンジ(パックに大量に入っているものがお得です!)を合わせて輪ゴムで止めてみてください。

 

「あら素敵!!まるでガラスワイパーみたい!?」

なものが出来上がります。

 

その「簡易的ガラスクリーナー」のスポンジに洗剤をつけて、手の届かない場所を掃除しちゃいましょう!!

最後の仕上げには、洗剤と汚れを拭き取ればOKです。

拭き取りもそのスポンジを使いましょう!

 

また、こちらの方がコストはかかりますが、

両面ガラスクリーナーや伸縮ガラスワイパーなども販売しているので、

お近くのホームセンターで探してみてください。

窓ガラス掃除の注意点

窓ガラス用洗剤は、直接窓に吹きかけないことです。

直接吹きかけると、液が下に垂れてしまってムラになってしまいます。

まとめ

窓ガラスの外側は外気に触れているので、排気ガスなどですごく汚れているんですよね。

掃除したいけど、マンションで危険だし面倒だしで、

見て見ぬふりをしてしまいがちですよね。

 

今回は、簡単にお金をかけずにやる方法をご紹介しました。

 

年末の大掃除が少しだけ楽しみになってきませんか?

 

綺麗になれば、きっといい年が迎えられますよ。

興味がある方は、今年こそはやってみてはいかがでしょうか?