夏の紫外線はものすごく気を使うのに、

冬になるとなぜか気にならなくなり、紫外線対策を怠ってしまいがちですよね。

本当にそれで大丈夫なのかな?って心配になりません?

冬の紫外線は、本当に夏ほど気にしなくても大丈夫なんでしょうか?

 

そこで今回は、

冬の紫外線には夏と同じように帽子や日焼け止め、サングラスで間違いないのか?

他にも冬ならではのお肌ケア方法についてご紹介したいと思います!

冬の紫外線対策は、以下のポイントをおさえましょう

露出する部分には日焼け止めを

冬でも、顔や身体で露出する部位には日焼け止めを塗りしましょう。

冬は紫外線の量そのものはだいぶ少なくなりますので、

日常的にはそれほど強力なものを使用する必要はありません。

 

女性の方はお化粧する前に必ずUV効果のあるものを使用すると良いでしょう。

季節問わず使えるものを普段から利用していれば、良いかもしれませんね。

乾燥対策もしっかりと!

冬は肌が乾燥しやすい季節。

肌が乾燥すると、バリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

日焼け止めの前にしっかりと保湿ケアを行うことを忘れずに。

既にできてしまったシミやシワにも、保湿はとても大切です。

アウトドアのときは真夏同様の対策を

スキーやスノボなど、アウトドアでウインタースポーツを楽しむ場合は、

冬とはいえ、夏と同様にSPF値やPA値が高めの日焼け止めを使用しましょう。

特に雪が積もった場所では、降り注ぐ日差しだけでなく、雪反射による紫外線がとても多くなります。

 

冬は紫外線量が少なくなるからこそ、しっかりと紫外線カットすることで、

夏に浴びた紫外線の影響を軽減することにもつながりますよ!

意外と知らない!?冬の紫外線の強さや恐さ

紫外線には、2種類あるのはご存知かと思います。

そう、「UV-A波」と、「UV-B波」です

 

この2種類のうち、ヒリヒリして真っ赤になってしまう日焼けの原因がUV-B波。

真っ赤になるのでともてわかりやすいものですね。

 

冬になるとUV-B波の量は、夏のピーク時と比べ1/4程度まで少なくなります。

そのせいで冬は日焼けするという感覚が少なくなるんですね。

このため、冬には夏のようにひどい日焼けをすることはあまりありません。

 

ただ、気をつけたいのが、UV-A波です。

 

以前は、UV-B波に比べUV-A波は肌に与える影響が少ないと考えられていましたが、

最近の研究結果では、

UV-A波こそが長期的に肌に影響を及ぼし、シミやシワなどの大きな原因となるということがわかってきました。

UV-A波は、波長が長いので雲や窓ガラスを通しやすく、肌の表面上にメラニンを増やすだけではなく、肌の奥(真皮層)まで届いてダメージを与えます。

 

冬にはその量は減るものの、それでも夏のピーク時の1/3程度は降り注いでいるのです。

つまりは、

寒い季節でも30分日にあたってしまうと、夏に10分日にあたったことになるのです。

これはとても危険です!

30分ってホントあっという間ですよね!

これでばっちり!冬の紫外線対策法

ここまでで、いかに冬の間の紫外線対策が大切かについて、ご理解いただけたと思います。

冬の紫外線対策について結論を言うと、冬でも夏と同じ紫外線対策をするのがベストだと思います。

可能な限り、帽子、外出の先の日焼け止め、目から紫外線が入ってくるのを防ぐサングラスも

つけた方が良いでしょう。

但し、冬は乾燥などのトラブルにも見舞われやすいので、

日焼け止めについては、

不必要にSPFやPAの高いものではなく、自分自身の冬のライフスタイル、肌質や肌状態に合ったものを選ぶことが大切です。

また、

冬は、紫外線を意識するだけでは不十分なんです!

おすすめの日焼け止めローション

「ビオレさらさらUVのびのびキッズミルク」です。

子供用なので、敏感肌でも安心な低刺激です。SPF50+、PA++++。
紫外線吸収剤がカプセルに閉じ込められているので、お肌に直接触れません!
さらに、無香料、無着色、アルコールフリー。
お肌への負担が少ないんですよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク ( 90g )/ ビオレ
価格:798円(税込、送料別) (2017/11/21時点)

 

簡単に基本的な冬のスキンケアをご紹介します。

1)紫外線対策と合わせて保湿も大切!!

先ほども触れましたが、紫外線対策も大切ですが、まずは保湿、身体を温めるなどの乾燥肌対策の保湿が必須です。

冬は湿度が下がりお肌がピリピリしたり、乾燥によるかゆみがでてしまうなど肌トラブルの症状も多く、私もそうのですが、肌荒れがひどくなってしまう人が増える時期なんです。

また、気温が低下することで血行が悪くなり新陳代謝も下がるので肌のターンオーバーの機能も下がってしまうのです。

 

それだけに、日焼け止めなどの紫外線対策のアイテムについては、

不必要にSPFやPAの高いものではなく、自分の冬のライフスタイル、肌質や肌状態に合ったものを使いましょう。

2)冬でも紫外線のアフターケアを!

紫外線を浴びた後は、化粧水、美容液などで、ビタミンA誘導体(レチノイン酸トコフェリル、レチノール)、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体を採り入れてお肌をケアしましょう。

冬の紫外線対策についてのまとめ

冬の紫外線対策は、夏以上に気を配らなくてはならないことがお分かりいただけたと思います。

冬とはいえ、気を抜かずに通年紫外線対策を怠らないようにしましょう。

私自身は、「美白命」なので通年に渡り美白化粧水と美白美容液によるケアはかかせません。

あなたもぜひ、当記事をご参考に冬の紫外線対策を講じてみてくださいね。